結婚指輪の素材

指輪はどんな素材で出来ているの?

指輪はどんな素材で出来ているの?指輪は主にプラチナやゴールドで作られており、耐久性や耐腐食性に優れます。
プラチナは希少性が高く、最も人気のある貴金属です。
ゴールドには、18金・14金・10金などがあり、数字は純金の含有量の違いです。
例えば、18金なら24金(純金)に対して75パーセントが金の含有量になります。
またゴールドには、地金の配合によりホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールドの3色があります。

素材別のオススメ

プラチナ

予算に余裕があれば、貴金属の中で最も希少価値があり、素材自体の色が最も純白で美しいプラチナをお勧めします。

プラチナ

ホワイトゴールド

プラチナに準じた純白の輝きですが、プラチナよりリーズナブルですので、同じデザインや重量のリングの場合、よりお安くお求めいただけます。

ホワイトゴールド

イエローゴールド

とても華やかでアンティークな雰囲気を演出できます。ヨーロッパなどでは、特に人気があります。

イエローゴールド

ピンクゴールド

さくら色ピンクの色味は、愛らしく、日本人の肌にとても馴染みが良く、人気です。

ピンクゴールド