SANJI

東海エリア最大級

電話番号

What is 鍛造リング?

 

鍛造TOP画像

What is 鍛造 鍛造リングってなに?

「鍛造」とは、製造方法の名前で、読んで字のごとく”鍛えて造る製法”です。

 

日本では、古来から”刀鍛冶”の職人が日本刀を造る技法として用いられてきました。
日本刀
現在、鍛造製法は様々なものに活用されています。

 

例えば…
ホイール自動車のホイール・ギア
電車電車の主軸・歯車
飛行機飛行機や船の部品
上記の様に強度と精密さを要する、非常に重要な部品に用いられています。
指輪の場合は、金属に圧力をかけ圧縮したものを指輪の形に加工していきます。

職人はこうして
鍛造リングを作っている

溶解

溶解
熟練の職人が厳選した確かなプラチナやゴールドなどの地金を、高温で溶解し指輪の元となる素材を作っていきます。

鍛造

鍛造
”何度も叩き、鍛え、硬度を高める”
溶解した素材をエアハンマーで叩いて鍛えます。何度も何度も叩き鍛えながら金属内の気泡を押し出し密度の濃い合金を作り上げます。

圧延

職人の目が光る!!
ロール機で何度も繰り返し圧縮することで、均一性を保持しながら金属の組織を締めていきます。そして必要な規格まで圧延を行います。
金属の表面に内在する”膨れ” ”す” が無いかを判断するには、職人の目利きが必要です。

型抜き

型抜き
プレート状になった1枚の金属をドーナツ型に打ち抜き、ここでやっと指輪の形状になります。
完成品の5~10倍の金属を贅沢に使用し、職人の技が活かされることで、丈夫で高品質な指輪となっていきます。

絞り加工

絞り加工
職人の「匠の技」
指輪の形に打ち抜かれた金属を、プレス機で更に絞り込み、刀鍛冶が刃を作るときと同様、何度も何度も圧力をかけて指輪を鍛えていきます。
金属の組織を締めるこの工程により、さらに指輪の耐久性が高まります。
また、指輪を完全な真円で作るのは非常に難しく、真円に近づけるには永年の経験に基づく職人の「匠の技」が要求されます!

切削成形

切削成型
「マシンの精度と、それを操る技術」
マシンメイドとも呼ばれることがある「鍛造リング」は、精密機械加工を施しながら加工が進んで行きます。
しかしその精密機械加工は、熟練の職人の微細な調整技術によって支えられています。

仕上げ工程

「仕上げ工程は職人の手によって」
指輪の”カタチ”を作るのは、機械によって行われます。
そこに職人の技術や感性が加わることで、真に美しい鍛造リングが完成するのです。

完成

鍛造 VS 鋳造

指輪の製法は2種類あります。
それは、「鍛造製法」「鋳造製法」です。

 

”鍛造製法”は上記で説明した通りで、金属を鍛えて作る製法です。
鍛造製法
一方、”鋳造製法”は、金属を溶かしてから型に流し込み、固めて作る製法です。
鋳造製法

 

この2つの製法には、どちらもメリット・デメリットがあります。それを比べてみましょう。

鍛造製法

 メリット
・強度・硬度に優れている為、変形に強い
・金属の密度が高い為、指輪の表面が滑らかで着け心地が良い
 デメリット
・凝ったデザインの制作が難しい
・鋳造リングより価格が高くなりやすい

鋳造製法

 メリット
・繊細で柔らかいデザインが制作できる
・サイズ直しや修理がしやすい
 デメリット
・鍛造製法に比べると強度が劣る
・鍛造リングの様な、シャープでキリっとしたデザインの制作が難しい

 

多くのお客様が ”デザイン重視” で指輪を選ばれる中、その製造方法に惹かれて「鍛造製法」の結婚指輪を選ぶカップルさんもいらっしゃいます♪

 

「製法」から結婚指輪を選ぶのもアリではないでしょうか??

なんと、鍛造「6ブランド」が
一堂に見られる!

鍛造製法の結婚指輪は、制作設備や職人を揃えるのが難しいことから、鋳造製法の結婚指輪よりも遥にブランド数が少ないのですが、SANJIでは東海エリア最大級の品揃えで、鍛造製法のブランドを「6ブランド」一堂にご覧いただけます。

 

雪月花ロゴせつげつか
当店人気No.1ブランド
鍛造ならではのシャープなデザイン性を維持しながら、指輪の厚みを極力減らし着用時のストレスを軽減。
日常に寄り添える結婚指輪ブランドです。
日本の四季の美しい風景を切り取った和の趣の落ち着いたデザイン。つや消し加工やカッティングを取り入れたシャープなデザインで、「わび、さび」を感じる機能美が魅力。
一生を共に過ごす指輪に、和の伝統美を。

 

バウアーロゴクリスチャンバウアー
1度着けたら忘れられない着け心地
「マイスター」と呼ばれる、ドイツにおいて最高国家資格を持つ職人が造る、耐久性や着け心地にこだわり抜いた結婚指輪ブランドです。
クリスチャンバウアーは指輪部門の他に、ベンツ・ポルシェ・BMWの自動車部品や、ボーイング・NASAの航空部品などを作製する製造部門が存在します。非常に精密なモノづくりがBAUERクオリティを支えています。

 

フラージャコーロゴフラージャコー
品質にこだわる100%スイス製
 
世界的な宝飾ブランドの中でも、5番目に古い歴史を持つフラー・ジャコーは、1858年創業。
「ゴールドスミス」と呼ばれる、スイスの国家資格を有する熟練の職人が作る最高級の結婚指輪は ”小さな芸術品” と称されています。

 

ユーロウェディングバンドロゴユーロウェディングバンド
2つのブランドの異なる個性
GERSTNER(ゲスナー)、eduard G.fidel(エドワード ジー フィーデル)の2つのブランドからなる、made in ドイツの結婚指輪。
マイスターが作るこだわりの着け心地と職人技が光るデザインが魅力的な結婚指輪ブランドです。

 

マーブルロゴマーブル
日常に寄り添える指当たりの良さ
鍛造ならではの直線的なフォルムですが、Ladies’はプラチナとピンクゴールドのコンビカラーで柔らかい雰囲気。
お互いの好みが微妙に合わないなーというカップルさんにもおすすめです♪

 

杢目金屋ロゴもくめがねや
唯一無二の模様を生み出す木目金の製法
江戸時代の匠の技を現代に…
武士の刀の鍔(つば)などを飾った「幻の技術」で職人が丹精込めて作り上げる、伝統工芸品とも言える結婚指輪です。